セールスドライバーの仕事について

セールスドライバーとは荷物の発送業務だけでなく、集荷や決済、営業と4つの総合サービスを行うドライバーのことを指します。セールスドライバーについて紹介します。

セールスドライバーの行う営業

一般的な配送ドライバーと大きく異なるのが営業の業務となります。主に顧客に対して自社商品の販売や新規顧客に対して配達プランの提案を行うことが求められます。ドライバーであると同時に物流のプランナーであるため、営業スキルを磨くことができます。

向いているのはどんな人?必要なスキルはある?

セールスドライバーはお客さんとコミュニケーションを取る時間が長いため、人と話すことが好きな人や、相手の立場になって考えられるコミュニケーション力の高い人が向いている仕事といえます。

学歴や職歴が問題視されることは少なく、普通自動車免許の取得者なら誰でも応募が可能な仕事です。

地域密着型ならではのやりがい

特定の地域を担当するセールスドライバーは地元住民と顔見知りになることが多くあります。基本的なあいさつや日頃の何気ない会話が新規顧客に結びつくことも考えられます。地域で働く人として業務を通して様々な地域住民と知り合うことができる仕事です。