バスドライバーの種類や必要なスキル

バスドライバーの種類や必要なスキルについてご紹介します。

バスの種類

路線バス

地域の主要な交通手段として走る循環するバスです。路線バスドライバーは他のバスと違い走行範囲が狭く、交通渋滞などの影響が労働時間に及ぼしにくい点に特徴があります。

観光バス

観光バスは観光を目的としてバスを指します。団体利用や娯楽目的に用いられるため、ドライバーもお客様に楽しんでもらうための接客サービスがある程度求められます。場所によっては長距離運転が必要となります。

高速バス

高速道路を走行する路線バスです。走行距離と運行本数が安定しているため、バスドライバーの中でも一定の給与取得が可能となっています。

必要なスキル

大型自動車第二種免許の取得が必須です。免許があれば研修制度が充実しているため未経験者でも採用を行なっています。その他、バスの種別に問わず、地理に精通していること、運転技術が確立していること、的確なコミュニケーションがとれることなどドライバーとしての人間力が必要となります。

安全安心の運転で信頼のあるドライバーに

バスの種類とドライバーのスキルについて紹介いたしました。共通していえるのは安全な走行ができるドライバーが求められている点です。お客様を快適に目的地まで運ぶ志の高い人材が必要不可欠といえます。