ドライバーの仕事の特徴

ドライバーの仕事内容と特徴についてみていきます。

大きさによって異なるトラックドライバー

トラックドライバーは重量によって仕事内容が変わります。人間関係に拘束されないドライバーの仕事としてイメージ最もイメージされるのは11t以上の大型トラックといえます。しかし、1日の拘束時間が長く、事故の発生件数も多い現状があります。

時間を決めて働けるタクシードライバー

タクシードライバーは新たに第2種運転免許の取得が必要ですが、実態としては、普通自動車を運転できる人なら誰でもドライバーになることができます。丸一日働くと、次の日が休日となる隔日出勤が主流となっており、休みが多い特徴があります。

地域に溶け込むバスドライバー

バスドライバーは大型二種免許の取得が必須となります。特徴としては決まった時間に特定の場所を通過しなければならない点、多くのお客様を一度に乗車させる点などが挙げられます。バスは地域の住民にとって必要不可欠な交通手段であり、その分やりがいを感じられる場面も多くあります。

まだまだあるドライバーの仕事

本文で紹介したドライバーはほんの一部です。他にも送迎ドライバーや宅配ドライバーなどドライバーの仕事は多岐に渡ります。自らの適正や必須ポイントを整理し情報を的確に集めるのがおすすめです。