タクシードライバーに必要な二種免許とは

タクシードライバーには、二種免許という資格が必要になります。では、二種免許とはどのようなものでしょうか。
二種免許を取るために必要な条件は、満21歳以上、視力、聴力などの能力が条件以上であること、一種免許を取得してから3年以上経っていることです。つまり、無免許から二種免許を取得することはできないため、将来的に二種免許を取りたいという方は、とりあえずすぐに一種免許を取ることをおすすめします。
二種免許を取ることでできることは、お客様を乗せて運転できる、ということです。つまり、タクシーなどの商売ができるようになる、ということです。他にも、ハイヤーや、バスなどにおいても、二種免許が必要になります。お客様の生命を預かる、という重大な責任のため、試験は難しいと言われています。
二種免許を取得するためには、一種免許と同じく、30万円ほどかかると言われています。タクシー会社に入社した場合、制度として無料になるところが多いです。それを利用するのも一つの手でしょう。